So-net無料ブログ作成

ソフトバンク再起動「これがラストチャンス」

2016/8/30 8:02日本経済新聞 電子版

 その時、ソフトバンクグループ社長の孫正義(59)は思わず口に含んだワインをごくりと飲み込み、内心でつぶやいた。「これは行けるぞ」

アームは10年来の「片思い」の相手だった(7月、決算説明をするソフトバンクグループの孫社長)
画像の拡大
アームは10年来の「片思い」の相手だった(7月、決算説明をするソフトバンクグループの孫社長)
 「利益率が少しでも下がると株価が下がる。なかなか理解してもらえないものだな」

 そう嘆いたのはテーブルを挟んで座るサイモン・シガース(48)。英半導体設計アーム・ホールディングスの最高経営責任者(CEO)だ。英国人だが、米シリコンバレーに自宅を持つ。車で数分の距離に別邸を構える孫が、6月末に夕食に招いていた。

 「アームは今こそ攻める時だ」。3時間ほど経営哲学を語り合い、孫がけしかけるとシガースが思わぬ弱音を漏らした。あらゆるモノがネットにつながるIoT時代に備え、開発投資を増やすべきだと思うが、投資家の理解が得られないと言うのだ。その表情を見た孫は決意を固めた。

 孫にはこの会食に秘めた狙いがあった。アームを買収できないか。シガースの言葉から可能性を探っていた。潤沢な開発資金を提供して上場を廃止すれば悩みは解消できる。「これがラストチャンスだ」

□   □

 孫にとってアームは10年来の「片思い」の相手だった。2006年に英ボーダフォンから1兆7500億円で日本法人を買収して携帯電話に参入。誰もがネットに身近に触れる「モバイルインターネットの時代が来る」と読んだからだ。その直前、孫はある男を訪ねシリコンバレーに飛んでいた。米アップル共同創業者のスティーブ・ジョブズ(故人)だ。

 「マサ、そんな醜いスケッチを俺に見せるなよ」。ジョブズは孫が描いた「未来の携帯」の絵を酷評したが、こう付け加えた。「でも君の考えは正しい」。モバイルインターネットを実現する端末を開発中だったのだ。翌年、ジョブズはiPhoneを手に宣言した。「電話を再発明する」

 孫の予感は当たり携帯はソフトバンクの屋台骨となる。同時に孫の胸中で存在感が膨らんでいったのがアームだ。独自の省電力技術の実力は小さな端末で大量のデータを扱うスマホでこそ発揮されると見たからだ。

 それから10年。時代はスマホからIoTに移り始めた。ネットにつながるモノの頭脳にあたる半導体の需要は爆発的に増える。アームを手に入れるなら今しかない。

 「私は反対です」。常務執行役員で金庫番の後藤芳光(53)は今から1年ほど前、孫に直言した。ロンドンで初めてシガースと会った孫が帰国後に買収を検討するよう側近に命じたが、後藤は首を縦に振らなかった。13年に買収した米携帯大手スプリントが赤字を垂れ流していたからだ。

 しかし孫が陣頭指揮を取り再建の道筋が見えると再び買収への執念が燃え始めた。ただ孫には宿題があった。後継者と見込み米グーグルからスカウトしたニケシュ・アローラ(48)の処遇だ。

 6月半ば、孫はアローラに告げた。「俺はあと10年は船長として走り続けたい」。アローラは「そんなには待てない」と正直に返した。「悪いがそれなら君は自分の船を見つけてくれ」と孫。10年来の片思いに決着をつける時が来た。

□   □

 7月4日、トルコ南部のマルマリス。港を見下ろすレストランの2階を借り切った孫の前にシガースが現れた。隣には会長のスチュアート・チェンバース(60)。地中海を家族とヨットで航海中、孫から「すぐに会いたい」と電話を受け急行したため半ズボン姿だ。

 「アームを買収したい」。名物のイカ料理もほどほどに孫が切り出すと、2人は大口を開けて驚いた。従業員は倍増させブランドや経営陣はそのまま。孫に言わせれば「断れない提案」。その後、買収額もつり上げ3兆3000億円超に。交渉は2週間で終わった。

 7月18日に買収を発表。日本企業で最大の買収劇だが、孫はゴルフなら「ピッチングウエッジで刻んだようなものかな」と余裕をみせる。周到な短期決戦は過去の大型買収と比べ資金集めが首尾良く進んだからだ。買収に反対だった後藤が水面下で動いていた。

 8月3日、孫は久々にゴルフ場に出た。スコアは自己最高の68。満足げな表情を浮かべたが、遠くの空では雷鳴が響いていた。これから始まる挑戦の厳しさを暗示しているように。



 業界秩序を破る反逆児を演じながら、近年は既得権益者的な振る舞いも目立ったソフトバンクが再起動した。巨額買収の舞台裏と勝算に迫る。(敬称略)
nice!(0)  コメント(0) 

夏目三久アナと有吉弘行に熱愛報道 すでに妊娠しているとも

2016年8月24日 2時59分

有吉弘行と夏目三久アナが真剣交際していることが23日、分かった
夏目アナは妊娠しており、「あさチャン!」を降板する予定とのこと
2人が親しくなったのは、テレ朝「マツコ&有吉の怒り新党」での共演だった

夏目三久アナと有吉熱愛!すでに妊娠 番組きっかけ

2016年8月24日 2時59分 日刊スポーツ
有吉弘行(右)と夏目三久
写真拡大
 人気お笑いタレントの有吉弘行(42)とフリーアナウンサー夏目三久(32)が真剣交際していることが23日、分かった。

 夏目は妊娠しており、朝の顔として司会を務めるTBS系情報番組「あさチャン!」(月~金曜午前5時半)を降板する方向で調整に入っている。

 2人が親しくなったのは、11年4月に放送開始したテレビ朝日系バラエティー「マツコ&有吉の怒り新党」(水曜午後11時15分)での共演だった。

 夏目はすでに妊娠しており、ごく一部の関係者には報告している。結婚時期は未定だ。夏目は14年からTBS系帯番組「あさチャン!」の司会を務めている。

 同番組は体調を見ながら続け、最長でも来年3月に降板する予定。一方、夏目は「マツコ&有吉-」は放送開始から5年間レギュラー出演。今年3月に番組を卒業している。

日刊スポーツ
nice!(0)  コメント(0) 

指原莉乃の暴走を「新潮」が報道 「欅坂の曲は嫌」と発言?

2016年8月21日 13時0分

HKT48の指原莉乃の暴走ぶりを週刊新潮が報じている
7月18日の「うたの夏まつり」で欅坂46の曲の歌唱を拒否したとのこと
自分がセンターの「恋するフォーチュンクッキー」に替えるようゴネたという

指原莉乃は、もう誰にも止められない!? 現場スタッフ、レコード会社担当も手を焼く“暴君”ぶり

2016年8月21日 13時0分 日刊サイゾー
指原莉乃
写真拡大
 今年6月のAKB48グループのシングル選抜総選挙で史上初の2連覇と3度目のVを果たしたHKT48の指原莉乃だが、舞台裏での暴走ぶりを「週刊新潮」(新潮社/8月25日号)が報じている。

 同誌によると、指原は7月18日、AKB48のメンバーたちと共にフジテレビの音楽特番『FNSうたの夏まつり』に出演。同日はAKB、姉妹グループの乃木坂46、欅坂46が一夜限りの混合ユニットを組む企画で、歌唱曲は視聴者投票で決定した。

 投票の結果、欅坂46の4月発売のデビュー曲「サイレントマジョリティー」(ソニー・ミュージックレーベルズ)に決定。ところが、これにヘソを曲げたのが指原で、「なんで欅坂の曲を歌わないといけないの!?」と怒り心頭。制作サイドに対し、自分がセンターを務めたAKBの「恋するフォーチュンクッキー」(キングレコード)に替えるようにゴネ、小嶋陽菜もこれに同調して現場は大混乱。結局、なんとか本番にこぎ着けたが、指原は説得に当たったスタッフやレコード会社の担当者らに「この話を外に漏らすんじゃないよ!」と、捨てゼリフを吐いたというのだ。

「当日は『サイレント~』『恋チュン』、ほかにAKBの曲と乃木坂の曲の計4曲が投票の対象だった。指原は総選挙を連覇した自信から『恋チュン』の圧勝と余裕の構えだったようだが、すでに48グループの人気は下り坂。一方の46グループの人気は急上昇中で、ガチンコで負けた。そのことが気に入らず、さらには、フジ側が自分に配慮しなかったことも納得いかなかったようだ。メンツをつぶされて虫の居所が悪かっただけなのかもしれないが、HKT48のツアーでは何事もなかったかのように『サイレント~』がセットリストに入っていた」(レコード会社関係者)

 番組終了後、小嶋はTwitterに指原と同局の亀山千広社長との3ショット写真を、これ見よがしに掲載。指原は自身の“権力”を誇示し、さぞご満悦に違いないが、もはや、その暴走ぶりは誰にも止められないようだ。

「指原といえば、48グループと46グループの総合プロデューサーを務める秋元康氏の寵愛を受け、秋元氏に直言できる数少ないメンバー。4月までは、48グループ総監督だった高橋みなみがなんとか指原に“ブレーキ”をかけられたが、高橋が卒業したため、実質的に現場のトップ。48グループの運営会社社員や所属レコード会社の社員は、誰も指原に物申すことができない。それもあってやりたい放題だが、この調子だと、AKBの“看板”がなくなってからは仕事が激減しそうだが……」(音楽業界関係者)

 先日、指原は代々木アニメーション学院東京校で、同学院のプロデューサーを共に務める秋元氏、小室哲哉氏、つんく♂氏とのパネルディスカッションに参加。秋元氏から「アイドルが飽きられないためには何が必要?」と問われると、週刊誌に恋愛スキャンダルを報じられた経験から「週刊誌が滅びればいい。お付き合いしていないところは全般」と言い放った。「新潮」そして「週刊文春」(文藝春秋)の2誌は「お付き合いしていないところ」だけに、今後もたびたびネタにされそうだ。
nice!(0)  コメント(0) 

欅坂46、AKB48の留守を預かる二度目のANNで初のラジオ生放送パーソナリティに挑戦

2016年08月03日 21:00

2ndシングル「世界には愛しかない」を8月10日にリリースする、乃木坂46に続く“坂道シリーズ”の第2弾・欅坂46が、同日に二回目のオールナイトニッポン・パーソナリティを担当することがわかった。
今年1月にも初のオールナイトニッポン・パーソナリティを担当していた欅坂46だが、今回は18歳以上のメンバーで初めてラジオ生放送のパーソナリティに挑戦する。オールナイトニッポンはかつてプロデューサー・秋元康が放送作家として担当していたり、AKB48も6年という長期に渡ってレギュラーを担当するなど、彼女たちとも縁が深いラジオ番組。今回は、いつもAKB48がパーソナリティを務める時間の留守を預かる形となる。編集不可能な生放送、何が起こるか分からないが、欅坂メンバーの対応力にも注目だ。

また、同グループが担当する8月10日(水)の放送から、毎週水曜深夜1時からの「オールナイトニッポン」は「SHOWROOM」でも同時配信されることが決定。通常視聴の配信に加え、スマートフォンから視聴できるVR配信も行われる。メンバーが話している現場の様子を、360°広範囲の空間を使った、よりリアルな配信が楽しむことが出来る。

欅坂46が2時間の生放送ラジオパーソナリティに初挑戦する「欅坂46のオールナイトニッポン」は、8月10日(水)深夜1時から全国36局ネットで生放送。
nice!(0)  コメント(0) 

欅坂46 @keyakizaka46

8月9日(火)から放送のファミリーマート店内オリジナルの音楽番組“ファミラジ”(放送時間:17時台~翌3時台)DJに欅坂46が決定致しました。
ファミリーマートにお立ち寄りの際は是非お聴きください!
#欅坂46
nice!(0)  コメント(0) 

【地震予知】村井俊治のMEGA地震予測、南関東への前兆がヤバイ…

【地震予知】MEGA地震予測 南関東が初の最高警戒レベル5へ

◆MEGA地震予測 南関東が初の最高警戒レベル5へ
測量学の世界的権威である村井俊治・東大名誉教授の「MEGA地震予測」は、これまで驚異の的中率で読者を驚かせてきた。
7月中旬から関東地方で相次いで発生した地震に不安が募るなか、村井氏は「全国で顕著な異常が見られる。いつ大地震が起きてもおかしくない」と警鐘を鳴らす。

首都圏で大地震に対する不安が高まっている。関東地方では7月17日(茨城県南部)、19日(千葉県東方沖)、20日(茨城県南部)と立て続けに「震度4」、27日には茨城県北部で「震度5弱」を記録する地震が起きた。これらの地震では発表された震度以上の大きな横揺れを感じたという声が相次ぎ、「熊本の次は首都圏か」と、不安の声も聞こえてくる。

そんな中、注目を集めているのが本誌で抜群の的中率を残してきた村井氏の「MEGA地震予測」である。

村井氏が警告する。
「全国で一斉異常変動が起きています。危険が大きい5センチ以上の異常変動を記録した電子基準点の数は、1月24日から7月23日までの半年間で約140。前回の『週刊ポスト』の記事(4月25日発売号)に掲載したマップは同じく半年間(2015年10月18日~16年4月16日)で約30でしたから4倍以上に増えている。いつ、どこで大地震が起きてもおかしくない。特に関東では顕著な異常が見られます。我々が発行するメルマガでは、首都圏を含む南関東を史上初の最高位『レベル5』に引き上げ、特別警戒を呼び掛けています」

測量学の世界的権威として知られる村井氏が顧問を務める民間会社JESEA(地震科学探査機構)は、毎週発行のメールマガジン「MEGA地震予測」で最新版の地震予測を公開している。
「MEGA地震予測」は全国1300か所に設置された国土地理院の「電子基準点」のGPSデータに基づいている。そのデータから地表のわずかな動きを捉え、1週間ごとの基準点の上下動による「異常変動」、地表の長期的な「隆起・沈降」(上下動)、地表が東西南北のどの方向に動いているかの「水平方向の動き」の3つの指標を主に分析し、総合的に予測している。

「レベル5」は5段階ある警戒レベルの中でも、〈震度5以上の地震の可能性が極めて高く緊急性がある〉と「最高警戒レベル」に位置付けられている。これまで、この「レベル5」まで引き上げられた地域はなかった。果たして今、南関東に何が起きているのか。

村井氏がいう。
「今回、首都圏を含む南関東では3つの指標全てで異常が見られている。震度4以上の地震が相次いでいますが、まだエネルギーは放出されきっていないため、今後、さらに大きい地震が起こる可能性は高いと考えるべきでしょう」

◇「これはただ事ではない」
「南関東」に表われている異常とは、具体的にはどのようなものか。まず、6月後半から伊豆半島、伊豆諸島を中心に天城湯ヶ島7.08センチ、三宅8.59センチと、7センチを超える大きな変動が続いている。さらに長期的な隆起・沈降のデータでも伊豆諸島の三宅島が隆起している一方、近くの式根島と神津島は沈降し、その高低差は拡大を続けている。境目には相当な歪みが溜まっていると思われます」(村井氏)

「水平方向の動き」でも、伊豆諸島の大島、三宅島、御蔵島、八丈島、青ヶ島などがそれぞれ別々の方向に動いており、複数の場所で歪みが蓄積されていると考えられるという。複数の異常が重なったことから、『これはただ事ではない』と南関東を『レベル5』にしました。『震度6』を超える大地震がいつ起きてもおかしくない。ですから、くれぐれも警戒は怠らないでほしい。多くの人は首都直下型地震を心配しますが、関東のどこが震源になっても地盤の緩い首都圏は危ない」(村井氏)

※週刊ポスト2016年8月12日号

写真:測量学の世界的権威である村井俊治・東大名誉教授
nice!(0)  コメント(0) 

池上彰さんの都知事選特番視聴率、午後8時台10・7%

2016年8月1日9時58分 スポーツ報知

 東京都知事選が投開票された31日、テレビ東京で午後6時30分から2時間30分にわたって放送された「池上彰のニッポンの大問題~都知事選SP生放送~」の視聴率が投票締め切り時点の午後8時台に10・7%を記録したことが1日、わかった。

 総視聴率は8・4%、午後7時から番組終了までが9・6%、中でも「小池百合子氏の当確」が報じられた午後8時からは10・7%の高数字。同じく午後8時からNHKが放送した「東京都知事選投開票速報」は20%。民放唯一の都知事選速報だったが、変わらぬ“池上ブランド”への信頼の高さが証明された形となった。

 同番組後半ではキャスターの池上彰氏(65)が、当選確実を決めた小池百合子氏(64)へインタビュー。「(選挙戦では)厚化粧と呼んだ人がいましたが、しめたと思ったんじゃないですか」と他陣営の失言が追い風になったことを指摘。小池氏が「エールを頂いた。(顔に)アザがありまして、それでもうまく隠して」と厚化粧の理由を語り、「アザのある人は苦労しておられるんですね」と女性の思いを代弁する場面もあった。

 池上さんの選挙特番では、7月10日の参院選でも民放各局の選挙特番中、テレビ東京系「池上彰の参院選ライブ」が11・6%で視聴率トップだった。(ビデオリサーチ調べ、数字は関東地区)。


nice!(0)  コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。