So-net無料ブログ作成
検索選択

アップル「iPhone」のフェリカ対応、来年から 日本でのスマホ決済

2016/9/7付日本経済新聞 朝刊

 【シリコンバレー=兼松雄一郎】米アップルはソニー子会社と組み、来年中に日本でスマートフォン(スマホ)を使った決済サービス「アップルペイ」を始める。日本のスマホシェアの半分を占める「iPhone」を使い、店舗での支払いのほか、公共交通など様々な場所で決済ができるようになる。


画像の拡大
 アップルは米国で7日(現地時間)、日本を含む世界で今秋発売する新型iPhoneを発表する。ただアップルペイの日本でのサービス開始は来年になる見通し。読み取り機を設置する小売り・サービス企業との調整や決済後に代金を引き落とす金融機関と手数料の交渉をするためだ。

 ソニー子会社のフェリカネットワークス(東京品川)と協力する。かざすだけで反応する非接触型ICチップ技術のフェリカ(総合2面きょうのことば)にiPhoneを対応させ、日本で順次サービスを広げていく。

 アップルはiPhoneにフェリカの読み取り機と信号をやり取りする機能を搭載する見通し。これによりフェリカ対応の読み取り機を置くコンビニエンスストアや自動販売機などで、iPhoneをかざすだけで買い物ができるようになる。

 会員証や入退室のセキュリティー認証に使う案があるほか、将来は鉄道の改札にかざして通れるようにする。アップルによる日本のスマホ決済参入で、小売店やイベント会場で読み取り機の普及が進む。訪日客が日本で海外のiPhoneを使い決済できるようになる可能性もある。

 アップルペイは既に米国や英国、中国などでサービスが始まっている。フェリカと類似の無線通信技術を使うが規格が異なるため日本では使えなかった。米グーグルも三菱UFJフィナンシャル・グループと組み、今秋にも「アンドロイドペイ」による決済サービスを日本で始める。
nice!(0)  コメント(0) 

【レポート】 Apple Payの日本上陸と新型iPhoneのFeliCa採用にまつわる裏事情を考察

1 iPhoneがFeliCaを搭載する背景


Junya Suzuki
 
[2016/09/07]

Apple Payが間もなく日本に上陸する。いまのところ、9月7日(米国時間)に米サンフランシスコで開催されるAppleのスペシャルイベントで何らかの発表が行われる可能性が高いとみられており、サービス自体は10月以降に順次開始になると予想される。ここでの最大の目玉は新型iPhoneにおける「FeliCaへの対応」だが、これも含めた形で「Apple Pay国内上陸」と「FeliCa対応」について少し考察してみたい。

AppleがiPhoneにFeliCaを搭載する背景

「Appleが新型iPhoneにFeliCaを搭載する」――この話題を最初に報じたのは石川温氏が日本経済新聞のオンライン版にコラムとして掲載した「iPhoneにフェリカ 『おサイフ』に現実味」だ。

同氏はこれまでにも過去1~2カ月ほどにわたって「新型iPhoneにFeliCaが搭載される」という噂について周辺取材を重ねており、そこでの情報を自身が発行するメルマガで何度か公開している。そして日経での記事掲載からわずか2時間後、今度は米Bloombergが「Apple Plans iPhone for Japan With Tap-to-Pay for Subways」という記事を掲載している。この記事を執筆したMark Gurman氏は、以前まで在籍していた9 to 5 MacでApple関連のリーク情報を多数報じて実績を積んでいる記者で、Bloombergが最近になりApple関連の最新情報報道で目立つ成果を挙げているのも同氏の手腕に依るところが大きい。日本周辺で取材活動を続ける石川氏に対し、Gurman氏はAppleを含む米シリコンバレー周辺を主な活動領域としている。つまり、日米同時に同じスクープを出したというわけだ。

手前味噌ではあるが、筆者もBloombergの記事公開をみて、現在掴んでいる最新情報をまとめて同じ日にEngadget日本語版で「iPhoneがおサイフケータイ(FeliCa) に対応か。Apple Payが間もなく日本上陸」として記事化させていただいた。この後、新聞系の媒体を中心に新型iPhoneのサービス展開にソニーやFeliCa Networksが噛んでいるとの報道を行うところが出てきており、少なくとも「新型iPhoneでのFeliCa搭載」がほぼ裏付けつつあることが見込まれる。実際、すでに初報段階で3人の記者が別々の情報源から同じ情報を掴んでいたわけで、Apple Payの日本上陸と新型iPhoneでのFeliCa対応はほぼ既定路線となっていたと考える。今回は周辺情報も含め、この裏側を少し話したい。

一般には、AppleがiPhoneへのFeliCa搭載を決断したのは、交通系モバイルNFCでの世界標準を策定すべく欧米の交通標準化団体と東日本旅客鉄道(JR東日本)、GSMA、NFC Forumが集まって「NFC-F」を標準として組み込むことを決定したのが大きいといわれる。JR東日本の非接触ICカード「Suica」では、1分間に60人が通過することを想定したシステム構築が行われており、これは世界的に標準として利用されているType-A/B方式では実現が難しく、Type-FのFeliCaチップを採用する必要があると同社では説明している。

そのため、「日本が世界に合わせるのではなく、日本の仕様を世界標準として取り込んでほしい」というのが関連団体における交渉での(少なくとも日本にとっては)重要なポイントとなっていた。結果として、本誌でも小山安博氏が報じているように「NFC-F」が標準インタフェースの1つとして採用され、2017年4月以降にGSMA準拠でグローバル端末として提供されるNFC対応携帯電話は、すべてNFC-F対応が求められることとなった。ただ、NFC-Fはインタフェースの部分だけでしかなく、今後JR東日本が想定するような処理速度の実現には「FeliCaチップの搭載」が求められるようになる。これは今後詰めていかなければいけない部分ではあるが、Appleがこれを見越して先行する形で最新iPhoneにFeliCaを搭載しようと考えても不思議ではない……というのが、一連の背景だ。


nice!(0)  コメント(0) 

ソフトバンク再起動(5)留守預かる「都合の良い男」

2016/9/3付日本経済新聞 朝刊

 チーム名は「トップガン」。ソフトバンクグループの電波改善部隊が今夏、全国に散った。手には弁当箱サイズの端末を持つ。利用者のスマートフォン(スマホ)から位置情報や接続情報を集めビッグデータ解析し、電波がつながりにくい場所を割り出す。どの基地局からどんな強さの電波が届いているかを確かめ改善する地道な作業だ。

宮内氏は「孫さんが家出した後を切り盛りするのが役目」(1月)
画像の拡大
宮内氏は「孫さんが家出した後を切り盛りするのが役目」(1月)
 2006年に英ボーダフォン日本法人を買収し携帯電話に参入した当時、ソフトバンクのイメージは「つながりにくい」だった。社長の孫正義(59)の号令で急ピッチで立て直し「ナンバーワンになった」と派手に宣伝したが、第2弾の今回は外向けのアピールはしていない。トップガンの課題は「全国どこでもサクサク」。あらゆるモノがネットにつながるIoT時代に、スマホがモノを操る司令塔になると見て粛々と土台を築く。

 1981年にパソコンソフト卸から始まったソフトバンク。ネットや携帯と中心的な事業を変え続けてきた。今度は英アーム・ホールディングスの買収をテコに次の本業と位置づけるIoTで攻勢をかけるシナリオを描く。孫が「パラダイムシフトへの非連続の挑戦」と表現する本業転換のたびに飛び出すフレーズが、今回も出た。「みやうっちゃん、後はよろしくね」

 「俺は『都合の良い男』。孫さんが家出した後を切り盛りするのが役目だから」と副社長でナンバー2の宮内謙(66)は話す。32年前に日本能率協会から転じ「孫さんにほれた」。2人の絶妙なコンビがソフトバンクという車の両輪だ。宮内は年間に5000億円もの自由になるカネを生む携帯事業を守る。

 孫は今、自らの時間の90%を米国での事業とアームに使うと公言し、本業の国内携帯事業の全てを宮内に託す。アーム買収前後には月に6度も海外に出張し、携帯事業はほぼノータッチだった孫だが「フーテンの寅さんが新しいマドンナを見つけちゃったのだから仕方がない」と悪びれる様子もない。

 孫は2年前、後継者としてニケシュ・アローラ(48)を米グーグルから迎えた。2人はたもとを分かったが、宮内は以前から予言していた。「孫さんは仕事の鬼。引退なんかしないよ」。腹心を従えた孫の挑戦は続く。(敬称略)

=孫正義社長のインタビューを電子版に▼Web刊→紙面連動
nice!(0)  コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。