So-net無料ブログ作成

朝番組トップで注目される羽鳥慎一の視聴率とギャラの関係

2016年10月10日 15時00分 (2016年10月11日 11時34分 更新)

 その瞬間、テレビ朝日内に大歓声が轟いたという。
 『羽鳥慎一モーニングショー』が、9月第3週の平均視聴率(ビデオリサーチ調べ、関東地区)で初めて同時間帯における民放トップの座を手にしたのだ。
 「朝8時の時間帯はNHKの独壇場です。視聴率20%超えの連続テレビ小説『とと姉ちゃん』と、常に視聴率10%前半をマークする『あさイチ』が常にトップをキープしている。この数年間、まったく変わらない」(制作関係者)

 その他を日テレ、TBS、テレ朝、フジの民放4社で視聴率争いを展開している。
 「これまでは『とくダネ!』(フジ系)が常に民放のトップをキープしていたが、そこに『スッキリ!!』(日テレ系)が割って入るようになり、しばらくは2強争いだった。ところが、テレ朝で『モーニングショー』が始まると、この力関係に微妙な差が出てくるようになったんです。なんと、日テレがテレ朝に負ける日が出始めた。そうこうするうちにフジにも勝ったりするようになった。ちなみに『白熱ライブ ビビット』(TBS系)は問題外で、テレ東と最下位争いをしています」(放送作家)

 当のテレビ業界に衝撃が走った9月第3週平均視聴率だが…。
 「『モーニングショー』が7.7%、『スッキリ!!』7.3%、『とくダネ!』が7.0%という結果。確かに僅差だが、羽鳥が司会をしてからわずか1年でここまで成長した。この勢いが続けば、テレ朝がトップ、続く2位を日テレとフジが争うという構図になるかもしれない」(芸能プロ関係者)

 そんな中、うなぎ登りなのが羽鳥のギャラだ。
 「今年9月が羽鳥の契約更改時期なんですが、何でも1本のギャラが、これまでの80万円から一気に30万円アップに。また上がれば、倍々になる。だが、下がれば当然、大幅ダウンという契約らしい」(関係者)

 テレ朝の朝帯制覇は時間の問題か…。
nice!(0)  コメント(0) 

ソフトバンク、売れない社債が示す教訓 証券部 竹内弘文

2016/10/6 5:30日本経済新聞 電子版
保存 印刷その他
 ソフトバンクグループが新たな資金調達の手法で苦難に直面している。巨額買収後の資金手当てを見込んで9月に試みた新手法は債券市場の高い壁に阻まれ、当初想定したほどの資金を獲得できなかった。これまで携帯電話の割賦販売に伴う債権流動化や、個人向けの大型劣後債発行など様々な調達法に取り組み、成功させてきた。足元で買収により有利子負債が膨らむなか、財務戦略の重みはかつてなく増している。初めて「生みの苦しみ」を味わったソフトバンクは調達手段の練り直しを迫られる可能性がある。

英アームの買収について説明するソフトバンクグループの孫社長
画像の拡大
英アームの買収について説明するソフトバンクグループの孫社長
 ソフトバンクが9月に発行したのは「ハイブリッド債」と呼ばれる特殊な債券だ。25年債と27年債という超長期の2本立てで、返済順位が普通社債に比べて劣る。ソフトバンク側の判断で繰り上げ償還したり、利払いを繰り延べたりできる条項も付く。その代わり25年債の場合は当初5年間の利率が3%と高めだ。ハイブリッド債は資本と負債の中間的な位置づけで、格付け会社が一部を自己資本とみなすため、企業は財務の健全性を高められる。方々にとってメリットがあり、「いいとこ取り」の社債といわれるゆえんだ。

 今回、個人向けに発行したハイブリッド債は4000億円。当初5年間の利率が高めであることから、人気を集めて売れ行きは順調だった。だが、対照的に機関投資家向けは需要がさほど積み上がらず、発行額は710億円にとどまった。この結果にソフトバンクが受けた衝撃は大きい。当初、全体で6000億~7000億円程度の発行規模を見込んでいたからだ。もともとハイブリッド債の発行は、3兆3000億円を投じた英半導体設計大手アーム・ホールディングスの買収後の資金手当てが狙いだった。2017年3月期中に総額1兆円程度のハイブリッド債を発行する計画だったが、9月の第1弾が目標を大きく下回ったことで目算に狂いが生じている。

 なぜプロの機関投資家と個人とで明暗が分かれたのか。債券市場からは「数年単位で大きな買収を仕掛けるようなリスクの高い銘柄。3%程度の利回りでは投資できない」(運用機関)といった声が聞かれた。すでにソフトバンクの社債を多く持っている機関投資家は信用リスク管理の観点から手控える向きがあったほか、特殊な商品設計のため流動性が落ちる点も嫌気された。結果的に同社のリスクを個人により多く負わせた形だ。ハイブリッド債という“奇策”は果たして、大規模買収後の資金調達手法として最適だったのだろうか。

 ソフトバンクは低消費電力のチップを設計できるアームの買収で、あらゆるものがインターネットにつながる「IoT」時代到来に備えた種まきをしようとしている。アーム自体は極めて利益率が高い優良企業とはいえ、IoTはソフトバンクにとって未踏の分野だけに収益の将来像は見えにくい。言い換えれば事業リスクは高まる。本来、その増大するリスクの一端を引き受けるのはローリスク・ローリターンを求める債券市場の参加者ではなく、一定のリスクを甘受できる株式市場の参加者だ。ソフトバンク幹部は「買収資金の調達手法として、1株利益が希薄化する増資は全く検討しなかった」と話すが、アーム買収後の展望を明確に示せるなら株式投資家の方が理解を得られやすかったのではないか。

 実際、市場からはこんな声も聞こえてくる。「投資家からすればソフトバンクは3%程度のリターンを狙う銘柄じゃない。株式投資でリスクを取って10%以上のリターンを狙う銘柄だ」。ある国内大手金融機関の運用担当者はこう言い切る。市場でこうした見方が存在することを考えれば、新株発行という選択肢を完全に排除すべきではなかったように思える。希薄化リスクが現実化し、一時的に株価が弱含んだとしても、ソフトバンクの将来像にアームがどう貢献するのかを株式市場が評価すれば、中期的にはむしろ企業価値が増大する可能性は十分ある。

 孫正義社長はアーム買収について「囲碁でいえば50手先の一手。分かる人にしか分かりません」と話す。50手先の将来についてリスクをだれにどれだけ負ってもらうか。そのためにはどういう手段を取るべきなのか。今回のハイブリッド債発行から生かせる教訓は少なくないはずだ
nice!(0)  コメント(0) 

低迷フジテレビ 総合格闘技RIZIN、バスケ中継に明るい兆し

NEWS ポストセブン 10月2日(日)7時0分配信

 かつてフジテレビは低視聴率を記録するだけで話題になりニュースとなった。ところが最近は、9月24日放送『めちゃ×2イケてるッ!』(7.6%)が、テレビ東京『ローカル路線バスの旅』(9.0%)を下回っても、大きな話題にすらならないほど低調が当たり前だ(関東地区全世帯平均)。低調打開策のひとつとして、22日はバスケットボールのBリーグ、25日には総合格闘技RIZINがゴールデンタイムに放送され、明るい兆しと期待されている。

「Bリーグは事前に関係者が『視聴率15%は狙いたい』なんて大きなことを言ったため、5.3%という数字は悪い結果に見えます。25日のRIZINも8.5%で地味に見えますが、フジテレビの一日の視聴率を眺めると、フジの番組としてはまあまあの結果を残していることがわかる。とくにRIZINなんて、その日のフジ全番組の中で上から3番目の数字なんですから、大健闘です」(スポーツ紙記者)

 月9ドラマやバラエティ番組で二桁は当たり前な高視聴率を記録したフジテレビだが、今では一日中、どの番組も一桁視聴率だ。それでも横並びで民放トップに立てればよいが、それも滅多になくなっている。BリーグとRIZINを放送した9月19日(月)~9月25日(日)の週で、二桁視聴率を記録したフジテレビの番組は25日放送の『サザエさん』(12.5%)だけだ。

 番組低迷が悩みなら、得意なはずのドラマやバラエティに力を入れたほうが良策のように思える。しかし、数年間にわたって続けた制作体制スリム化と経費削減の影響で、新番組制作が難しくなっているのが実情だ。

「数年前から急速にすすめられた人員削減で、バラエティ番組を企画し制作する力もノウハウもなくなりました。一昨年、会議室に社員ではない外部スタッフが集められて『来月から半分の人に辞めてもらいます』と突然、言われたときのことは今でも語り草です。通りいっぺんの引き継ぎすらできませんでした。自社制作で以前のような水準の番組制作ができるようになるには、かなり時間がかかると思いますよ」(元情報番組スタッフ)

 それと比較すると、スポーツ中継については制作ノウハウの分断が比較的少ない分野だ。情報やバラエティ番組の場合、その番組が終わって解散すると、スタッフは同じ分野の仕事を続けることすら最近では困難なため、別業界へ転職したという人も少なくない。しかしスポーツ中継の場合は、CSやBS、ストリーミングなど多チャンネル化に伴い中継番組のニーズそのものは増えているくらいだ。

「ある程度の規模で試合や大会が続いている競技はスポンサーが見つけやすい。毎回の視聴率に一喜一憂しながらスポンサー探しをしないとならない番組制作よりも、スポーツ中継のほうが赤字にならない方法かもしれません。Bリーグはソフトバンクグループがついているし、Cygamesが冠スポンサーになっているRIZINも女子の試合への注目度が高まっているので、新たな展開の可能性が大きいです」(制作会社ディレクター)

 スポナビライブで全試合中継しているBリーグ中継では、ソフトバンクグループ各社のCMが目立った。RIZIN中継では、その日の大会メインイベントを差し置いて、ひとつ前の「RENA vs. 山本美憂」をメインとして放送した。この抜擢は、ロンダ・ラウジーなど女性格闘家の活躍でブランド力を急上昇させた米UFCと繋がることも意識した編成だろう。UFC同様、RIZINも資産価値が上がる可能性はある。

「母と子のフジテレビ」というキャッチフレーズで子ども向け番組とアニメが中心だったフジテレビは、1980年代に『THE MANZAI』や『俺たちひょうきん族』などのお笑い番組が大ヒット、月9ドラマが大ブームを起こし、以前とはまったく違う得意分野を持つテレビ局になった。そしていま再び、大きな変革の時が来ているようだ。

 12月31日のさいたまスーパーアリーナで開かれる「RIZIN FIGHTING WORLD GRAND-PRIX 2016 無差別級トーナメント Final ROUND」は、同日にフジテレビで放送されると早くも発表されている。紅白歌合戦に肉薄するほどの派手な視聴率は残せないかもしれないが、後から振り返ると、フジテレビの歴史が変わる一日として記憶されるかもしれない。
nice!(0)  コメント(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。