So-net無料ブログ作成
SONY Cyber-Shot ブログトップ

厚さ38.3mmで光学30倍の超望遠ズーム! ソニー「サイバーショット HX50V」 [SONY Cyber-Shot]

ソニーは4月23日、デジタルカメラ「サイバーショット(Cyber-shot)」の新モデル「DSC-HX50V」を発表した。発売は5月17日で、価格はオープン。推定市場価格は43,000円前後となっている。

ボディが厚さ38.3mmとコンパクトタイプでありながら、光学30倍のズームが可能なモデル。2012年3月に発売された従来モデル「DSC-HX30V」(厚さ34.6mm)の光学20倍ズームから大幅に進化した。同じく30倍ズーム対応の大型モデル「DSC-HX200V」と比べると、容積比で約60%もの小型化がなされている。なお、画質劣化を抑えてデジタルズームを行う「全画素超解像ズーム」利用時は60倍のズームが可能だ。

ズーム倍率の向上に伴い、手ブレ補正のアルゴリズムを改良。これにより、DSC-HX200Vの約2倍に手ブレ補正効果が向上した。また、AFアルゴリズムの改良もなされており、DSC-HX200Vの約2.3倍という高速AFが可能になっている。

ほかにも、高級機で標準となりつつあるGPS機能や、Wi-Fi(無線LAN)接続機能を搭載。旅先での撮影時に位置情報を付加したり、撮影した画像や動画をスマートフォンに転送してその場でSNSにアップロードしたりできる。

多機能を詰め込んだコンパクト機だが、大容量の(リチウムイオン充電池)「Xタイプバッテリー」採用により、高スタミナを実現。CIPA準拠の撮影可能枚数は約400枚となっている。

そのほか、認識パターンが44パターンに強化された「プレミアムおまかせオート」や、フラッシュ撮影時に自動でISO感度を最適な状態にし、遠くまで明るく撮れる「アドバンスフラッシュ」を搭載。。

主な仕様は、撮像素子が有効約2,040万画素の1/2.3型Exmor R CMOS(裏面照射型)で、レンズの焦点距離が24~720mm(35mmフィルム換算時)、開放F値がF3.5~F6.3、対応感度がISO80~ISO12800となっている。背面のモニターは約92.1万ドット・3型の液晶方式。

記録メディアはメモリースティック デュオ/PRO デュオ(High Speedタイプ含む)/PRO-HG デュオ/XC-HG デュオ、メモリースティック マイクロ(Mark2含む)、SD/SDHC/SDXCメモリーカード、microSD/SDHC/SDXCメモリーカードと内蔵メモリ(約48MB)が利用可能で、記録形式は静止画がJPEG(2D)、MPF(3D)、動画がAVCHDおよびMP4、動画の記録画素数が1,920×1,080ドット(フルHD)/60pとなっている。

サイズはW108.1×D38.3×H63.6mm、重量は本体のみで約246g、バッテリーとメモリースティック デュオを含む状態で約272gだ。

nice!(0)  コメント(0) 

デジカメ、スマホ連携相次ぐ ソニーなどが対応機種拡充 [SONY Cyber-Shot]

 ソニーやキヤノンなどデジタルカメラ各社が、スマートフォン(スマホ)と機能を連携させた新製品を相次ぎ投入する。たとえば集合写真を撮影する際など、手元のスマホで被写体がきちんと収まっているかどうかを確認し、シャッターを切るといった遠隔操作ができる。交流サイト(SNS)に投稿しやすくした機種も増えている。

 内蔵カメラの性能向上でコンパクトデジカメはスマホに需要を奪われているが、連携機能の強化で「デジカメ離れ」を食い止めたい考えだ。

 ソニーは小型・軽量の「ミラーレス」2機種と、1月下旬に発売したコンパクトデジカメなど3機種にスマホ連携機能をつけた。

 このうちミラーレス2機種とコンパクト1機種は、スマホをリモコン代わりにできる「スマートリモコン」機能付き。一部製品ではズームの遠隔操作も可能だ。春モデルの「ハンディカム」など、ビデオカメラ5製品にも同様の機能がある。

 キヤノンはコンパクトデジカメの春モデル6機種中3機種に無線通信機能を搭載する。4月に発売するコンパクトデジカメ「パワーショットN」はシャッターを1回切ると色調や構図を変えた写真が6枚撮れる。その写真をワンタッチでスマホに転送できるのが特徴で、SNSなどに投稿しやすい。

 ニコンも通信機能付きのコンパクトデジカメを春モデルで4機種追加して5機種に拡充した。

 カメラ映像機器工業会(CIPA)によると2013年のデジカメの世界出荷台数は前年比11.3%減の8700万台。3年連続で前年実績を下回る見通し。スマホとの連携強化が消費者の支持を集めるか注目される。


nice!(0)  コメント(0) 

デジカメ、スマホ連携相次ぐ ソニーなどが対応機種拡充 [SONY Cyber-Shot]

 ソニーやキヤノンなどデジタルカメラ各社が、スマートフォン(スマホ)と機能を連携させた新製品を相次ぎ投入する。たとえば集合写真を撮影する際など、手元のスマホで被写体がきちんと収まっているかどうかを確認し、シャッターを切るといった遠隔操作ができる。交流サイト(SNS)に投稿しやすくした機種も増えている。

 内蔵カメラの性能向上でコンパクトデジカメはスマホに需要を奪われているが、連携機能の強化で「デジカメ離れ」を食い止めたい考えだ。

 ソニーは小型・軽量の「ミラーレス」2機種と、1月下旬に発売したコンパクトデジカメなど3機種にスマホ連携機能をつけた。

 このうちミラーレス2機種とコンパクト1機種は、スマホをリモコン代わりにできる「スマートリモコン」機能付き。一部製品ではズームの遠隔操作も可能だ。春モデルの「ハンディカム」など、ビデオカメラ5製品にも同様の機能がある。

 キヤノンはコンパクトデジカメの春モデル6機種中3機種に無線通信機能を搭載する。4月に発売するコンパクトデジカメ「パワーショットN」はシャッターを1回切ると色調や構図を変えた写真が6枚撮れる。その写真をワンタッチでスマホに転送できるのが特徴で、SNSなどに投稿しやすい。

 ニコンも通信機能付きのコンパクトデジカメを春モデルで4機種追加して5機種に拡充した。

 カメラ映像機器工業会(CIPA)によると2013年のデジカメの世界出荷台数は前年比11.3%減の8700万台。3年連続で前年実績を下回る見通し。スマホとの連携強化が消費者の支持を集めるか注目される。


nice!(0)  コメント(0) 

[特集]笑ってシャッターどうやって? 開発者が明かす「笑顔認識」デジカメの秘密 [SONY Cyber-Shot]

 9月21日、笑顔に反応して自動的にシャッターをきるという「スマイルシャッター」機能を搭載したコンパクトデジタルカメラが登場した。ソニーの「サイバーショット DSC-T200/70」がそれ。人物を撮影する際に、誰もが撮りたいと思う「笑顔」が簡単に撮れるという画期的な製品だ。そこで、ソニーのデジタルイメージング事業本部パーソナルイメージング事業部商品企画部商品企画課・越智龍氏に開発の背景を聴いた。

【写真】

●膨大数の笑顔の写真を世界中から集めた

——「スマイルシャッター(笑顔認識)」とはどういう機能ですか

 「カメラが笑顔を感知して、笑顔になった瞬間、自動でシャッターをきるという機能です。スマイルシャッターモードにしておけば、被写体が笑顔になるたびに最大6枚まで自動的にシャッターをきります。さらに『強』・『中』・『弱』の3段階で笑顔検出の『感度』が設定できるようにしました。『強』では、『微笑み』程度でもしっかりと反応しますが、『弱』では、満面の笑顔でないと反応しません。この『笑顔認識』機能は、他社でも簡単には真似できない高度な技術だと思っています」

——どんな基準で「笑顔」を判別するのですか

 「人は笑うと歯が見えます。そして、口角が上がり、目尻が下がる。この『歯』と『口角』と『目尻』の3要素を総合的に見て笑顔を判別します。さらに、日本人だけでなく、世界中の人の笑顔に反応するよう設計しました。ただし、サングラスや帽子を深く被ると目尻や顔が認識できず、笑顔が認識できません。口だけ笑っていても目尻が下がっていないとダメです。ところで、今回の認識技術で最も自信を持っているのが『検出』から『シャッターをきる』までのスピード。被写体が笑顔になると、ほぼ同時にシャッターがきれます。笑顔というのは、本当に一瞬です。その一瞬を的確にとらえるため、画像処理回路とは別に顔認識専用の回路を搭載するなど、ソフトウエアではなく、ハードウエアでの素早い処理にこだわりました」

——どんなところから開発を始めたのですか

 「社外秘の部分が多いのですが、お話しできる範囲でお答えします。開発を始めたのは数年前のこと。まず、世界中から笑顔の写真を集めるところからスタートしました。その数は公表できませんが膨大な数にのぼります。次に、これらをスーパーコンピュータで分析、数値化して笑顔のデータベースづくりです。いかに多くの笑顔を集めて分析したかが認識技術の精度を左右するため、笑顔の収集には最も労力を費やしました。また、笑顔の基準は撮影する状況によっても変わります。写真1枚1枚に対して、これは笑顔なのかそうではないのかを分類する作業にはとても苦労しました」

●きっかけは子どもの笑顔を撮れなかった悔しさ

——なぜ笑顔に着目したのですか

 「私は、ソニーのハイエンドデジタルカメラ『DSC-R1』を使っています。ところが、親戚の子どもの笑顔がうまく撮れない、という経験をしました。子どもは動きが速くてピント合わせが大変です。しかも、カメラを向けてもなかなか笑ってくれません。カメラがどんなに高性能でも、笑顔を撮るのは難しいと実感しました。それがとても悔しかった。そこで、どうすれば笑顔をうまく撮れるのかと考え、カメラが自動で笑顔を見つけ出して撮影する、というアイデアが浮かんできたのです。たまたま同じ時期に、技術グループからも笑顔を検出することは可能だという報告を受けたこともあり、製品化に着手しました。

 一般的にも笑顔を撮るのは難しいと言われています。大人でも『笑って』とカメラを向けても『作り笑い』になってしまいますし、子どもはカメラに集中してくれません。そもそも自然な笑顔をすること自体難しいですし、一瞬の笑顔を写真に残すことはなかなかできません。ですから、技術的にも可能で、潜在的ニーズがあるこのアイデアを商品化すれば、絶対に『売れる』と確信したわけです。

 それに、最近のデジタルカメラは、画素数やズーム倍率、感度の高さを競うスペック争いが続いています。しかし、これだけでは、他社との差別化が難しくなってきました。そこで、『もうひとつの柱』として期待しているのが『デジタルカメラだから撮れるもの、撮影がもっと楽しくなる』機能としての『笑顔認識』なんです」

●笑顔を生み、世の中を明るくする機能

——どんな活用法があるのでしょうか

 「人々がカメラで一番撮りたいものは、楽しいときの自然な笑顔に代表される『決定的瞬間』ではないでしょうか。例えば、カメラを横において、あやしながらでも子どもの自然な笑顔を撮影するといった使い方はおすすめです。さらに、自分撮りに使えるのはもちろん笑顔の練習にだって利用できるでしょう。カップルで笑顔を合図に撮影すれば、手を伸ばしたりタイマーをセットしなくても、簡単に自然な笑顔のツーショット写真が撮れます。私はスマイルシャッターを『笑顔を生み世の中を明るくする機能』だと考えています。ほかのシリーズへの展開などは未定ですが、全てのカメラの標準機能になって欲しいと思っています」

——『笑顔認識』の次はどんな機能を考えていますか

 「これからも、カメラが撮影を楽しくする『もうひとつの柱』を中心に開発を進めていきます。新しいことは、データや調査結果だけではなかなか発見できません。今回と同じように、実体験から感じたことと潜在的ニーズを合わせたかたちで、新機能を開発していきたいと考えています。例えば、自分が目で見たままの風景の色合いやその場の雰囲気を忠実に再現できるような機能、高速で動いている自動車や電車を一度のシャッターでブレずに確実に撮れる機能、どんなに暗闇でも昼間と同じような明るさで撮影できる機能などはどうでしょう。これからも、思い出の場面や決定的瞬間を簡単に、そして忠実に写真に残せる機能を開発していきたいと思います」(BCN)

■関連記事
本日の機種別ランキング【コンパクトデジタルカメラ】
ソニー、笑顔検出「サイバーショット」発表会、CMキャラクター4人が登場
ソニー、笑顔でシャッターが切れるコンパクトデジカメ2機種
ソニー、写真を持ち運んで簡単にウェブにアップできるコンパクトデジカメ
コンデジすでに8割で「顔認識」、各社とも機能横並びで大混戦時代に突入

[BCN]

最終更新:11月13日19時24分


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

ソニー、「スマイル認識」機能搭載のコンパクトデジカメ [SONY Cyber-Shot]

ソニー、「スマイル認識」機能搭載のコンパクトデジカメ

<拡大>

笑顔検出機能を搭載した「DSC-T70」

 ソニーは4日、2007年秋冬の新モデルとしてコンパクトデジタルカメラ2機種、光学10倍ズームレンズを搭載する中型デジタルカメラ1機種を発表した。コンパクトデジタルカメラの「サイバーショット DSC-T70」「DSC-T200」は、笑顔を検出して自動でシャッターを切るという「スマイルシャッター機能」を搭載した。

 スマイルシャッター機能は、最近のデジタルカメラでは一般的になった顔認識機能を一歩進め、「笑顔」を認識して自動撮影する。シャッターボタンを深押しすると「笑顔検出」を開始し、笑顔を検知するたびにシャッターを自動で切っていく。1度の深押しで、最大6枚まで連続撮影が可能。再度シャッターボタンを深押しすることで、スマイルシャッター機能を解除できる。笑顔検出のレベルは、3段階で変更が可能。

 複数の人物がフレームインする場合には、そのうちの1人を笑顔検出の基準とする「スマイリスト」に設定できる(自動検出も可能)。その人物が笑うまではシャッターを切らないため、セルフタイマーの代わりにも使える。ソニーではこれを「スマイルタイマー」と呼んでいる。タッチパネルの液晶モニターを搭載しているため、フレームに囲まれている人物の顔を指先でタッチするだけで、スマイリストの選択が行える。


<拡大画像>

DSC-T70

<拡大画像>

DSC-T200

 有効810万画素で光学ズーム3倍のDSC-T70は、4月に発売した「DSC-T20」の後継機種だ。3型のワイド液晶モニターを搭載しており、アイコンをタッチして各種設定を切り替えられるほか、撮影後の写真に対して絵柄スタンプを追加したり、文字を書き込めたりする。15種類のフレームを使って、プリントシール機で出力した写真のようにデコレーションすることも可能だ。カラーバリエーションはシルバー、ブラック、ホワイト、ピンクの4色。

 有効810万画素で光学ズーム5倍のDSC-T200は、3月に発売した「DSC-T100」の後継機種。機能的にはDSC-T70とほぼ同じだが、タッチパネル機能付きの液晶モニターのサイズが3.5型ワイドになっており、より大きな画面で画像の確認や各種操作が行える。カラーバリエーションはシルバー、レッド、ブラックの3色。

■DSC-T70・T200の主なスペック   DSC-T70 DSC-T200
発売日 9月21日 9月21日
実勢価格 4万円前後 4万8000円前後
サイズ 幅90×高さ56.4×厚さ20.7ミリ 幅93.5×高さ59.3×厚さ20.4ミリ
重さ(撮影時) 約156グラム 約186グラム
CCDサイズ 1/2.5型CCD 1/2.5型CCD
有効画素数 810万画素 810万画素
光学ズーム 3倍 5倍
焦点距離
(35ミリフィルム換算) 38~114ミリ 35~175ミリ
液晶モニター 3型ワイド 3.5型ワイド
記録メディア メモリースティックDuo、
内蔵メモリー(31メガバイト) メモリースティックDuo、
内蔵メモリー(31メガバイト)
電源 専用バッテリー 専用バッテリー
撮影可能枚数 約270枚 約250枚

 有効810万画素の「DSC-H3」は、中型のホールドしやすい筐体に10倍の光学ズーム機能を内蔵する高倍率光学ズーム機だ。スマイルシャッター機能やタッチパネル対応液晶モニターは搭載しない。撮影感度をISO3200に設定した場合には、内蔵フラッシュで14メートルもの照射が可能。

 光学ズームの倍率を最大17倍にできるテレコンバージョンレンズ「VCL-DH1758」、27ミリ相当の広角撮影が行えるワイドコンバージョンレンズ「VCL-DH0758」を装着できるなど、拡張性に優れている。カラーバリエーションはシルバー、ブラックの2色。


<拡大画像>

コンパクトながら10倍ズームのDSC-H3

<拡大画像>

DSC-H3のカラーは2色

■DSC-H3の主なスペック 発売日 9月14日
実勢価格 4万円前後
サイズ 幅106×高さ68.5×厚さ47.5ミリ
重さ(撮影時) 約380グラム
CCDサイズ 1/2.5型CCD
有効画素数 810万画素
光学ズーム 10倍
焦点距離
(35ミリフィルム換算) 38~380ミリ
液晶モニター 2.5型
記録メディア メモリースティックDuo、
内蔵メモリー(31メガバイト)
電源 専用バッテリー
撮影可能枚数 約330枚

[2007年9月4日/IT PLUS]

● 関連記事
ニコン、「1210万画素」「無線LAN搭載」などコンパクトデジカメ8機種
カシオ計算機、YouTube対応のコンパクトデジカメ4機種
リコー、薄型ながら光学7.1倍ズームの「キャプリオR7」
1.5メートルの落下も、水深3メートルもOK・オリンパス、コンパクトデジカメ新機種
キヤノン、有効1210万画素などコンパクトデジカメ7機種
● 関連リンク
デジカメ2007秋冬


nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

ソニーも1000万画素超えるコンパクトデジカメ発売 [SONY Cyber-Shot]

ソニーは11日、有効画素数1010万画素のコンパクト型デジタルカメラ「サイバーショットDSC―N2」を10月13日に発売すると発表した。ISO感度を1600に高め、暗い場所での撮影をしやすくした。1000万画素を超えるコンパクト型のデジカメはカシオ計算機が先行、松下電器産業、キヤノンなど各社の新製品投入が続いており、ソニーも「N2」で参戦する。

 これまでソニーのコンパクト型では最も高精細だった810万画素の「N1」の後継機種となる。ISO感度もこれまでの最高1000(「T」シリーズほか)から1600に高め、光学式手ぶれ補正と組み合わせて手ぶれ防止機能を強化した。「N1」同様モニター液晶画面に3.0型タッチパネルを採用。初心者や暗い場所でも操作しやすくした。店頭実勢は5万円を見込む。

Tシリーズで初めて3.0型タッチパネル液晶を搭載した「T50」

 薄型の「T]シリーズの最上位機種「DSC―T50」も同時に発売する。同シリーズでは初めて3.0型液晶タッチパネルを搭載した。店頭実勢は4万7000円を見込む。


[2006年9月11日/IT PLUS]


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

ソニー、手ぶれ補正と高感度両立の新型デジカメ [SONY Cyber-Shot]

ソニー、手ぶれ補正と高感度両立の新型デジカメ
 ソニーは光学式手ぶれ補正と高感度撮影機能を組み合わせたコンパクトタイプのデジタルカメラ「サイバーショット DSC―T10」を25日に発売する。「T9」の後継機になる。CCD(電荷結合素子)の有効画素数を600万から720万に2割増やした。ISO感度も従来の640から1000まで対応できるようにした。被写体ぶれも従来より軽減できる。店頭実勢は4万円前後。

 9月8日にはエントリータイプ「DSC―W50」も発売する。実勢3万円前後に抑えながら600万画素のCCDを備え、ISO1000の高感度で撮影できる。液晶モニターは2.5型。小さな被写体に最短2センチメートルまで近付いて撮影できるマクロ接写も可能だ。

[2006年8月7日/日経産業新聞]


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

基本性能高め値ごろ感も・ソニー、コンパクトデジカメ秋モデル2機種 [SONY Cyber-Shot]

ソニーは2日、コンパクトデジタルカメラ「Cyber-shot」の2006年秋モデル2機種を8月下旬から順次発売すると発表した。最薄部が16.8ミリとスリムタイプの「DSC-T10」は今年4月発売の上位モデル「T30」の基本性能をほぼ引き継ぎつつ、店頭実勢価格を4万円前後(見込み)と低価格に抑えた。

 「T10」は8月25日発売で、有効720万画素のCCDを搭載する。光学式手ブレ補正機能とISO1000の高感度撮影により、手ブレや被写体ブレが起きても失敗のない撮影ができる。昨年11月発売の「T9」(600万画素CCD、最高IS0感度640)の後継機種にあたり、画素数やISO感度などの性能を向上させた。

 レンズ、CCD、手ブレ補正、ISO感度などの主要スペックは上位モデルの「T30」と同一。「T30」と比べると、液晶モニターが3型から2.5型と小さくなっているほか、CIPA(カメラ映像機器工業会)規格による撮影枚数(フル充電時)が「T30」が420枚なのに対し、「T10」は250枚と少なくなっている。


「DSC-W50」のカラーバリエーションはシルバー(写真)とブラックの2種類

 初心者向けに使いやすい機能を充実させた「W50」は9月8日の発売で、今年3月に発売された「W30」の後継機種となる。液晶モニターを2.0型から2.5型へと大型化したほか画素数も8万5000から11万5000へと高精細化した。

 有効600万画素CCD、ISO1000対応、レンズ、手ブレ補正機能などは「W30」と同一。液晶モニターが大画面化したことでCIPA規格による撮影枚数(フル充電時)は400枚から390枚とやや下がっている。店頭実勢価格は3万円前後の見込み。


[2006年8月2日/IT PLUS]


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

ソニー、手ぶれ補正付きで高感度撮影にも対応した薄型デジカメ [SONY Cyber-Shot]

ソニー、手ぶれ補正付きで高感度撮影にも対応した薄型デジカメ

 ソニーは11月18日、手ぶれ補正機能を付けた薄型デジタルカメラ「Cyber-shot(サイバーショット) DSC-T9」を発売する。ISO640の高感度撮影ができ、暗い場所での失敗写真の原因になりやすい手ぶれと被写体ぶれを両方とも防げるのが特徴だ。

 色再現性を従来機「DSC-T3」と比べて約62%約高めた2.5型液晶モニターを搭載。21万画素の高精細タイプだ。ボディー内部の折り曲げ光学式レンズと組み合わせた光学式手ぶれ補正機構は、レンズを水平方向に動かして調整する小型タイプで、シャッター速度で約3段分の補正が可能だ。

 同クラスで競合するコニカミノルタの手ぶれ補正付き薄型デジカメ「DiMAGE(ディマージュ) X1」は、レンズユニット全体を動かす方式だが、「T9」はレンズの後玉だけを動かす方式とし、消費電力を抑えられるようにしたという。CIPA(カメラ映像機器工業会)規格の電池寿命は約240枚だ。

音楽付きスライドショーを作成でき、出荷時には4曲のBGMを内蔵する。ユーザーの好みに合わせCDなどから曲を取り込むことも可能だ。カメラをパソコンとUSB接続し、付属の音楽転送ソフト「Music Transfer」を通じてデータを取り込み、標準のBGMと入れ換えて使う。1曲の長さは3分まで。

 背面にスライドショーボタンがあり、簡単な操作ですぐに写真鑑賞を始められる。画面切り替え効果は、「スタイリッシュ」「アクティブ」「ノスタルジック」「シンプル」「ノーマル」の5種類から選ぶ。「ノーマル」では動画再生が可能だが、BGMはなしとなる。

 有効画素数は600万画素。35ミリ換算の焦点距離が38―114ミリの光学3倍ズームレンズを搭載する。起動時間は約1.3秒。記録媒体にはメモリースティックデュオか同PROデュオを使う。色はシルバーとブラックの2種類ある。オープン価格だが、店頭では4万7000円前後を見込む。

[2005年11月1日/IT PLUS]


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

ぺ・ヨンジュン  Bae, Yong Joon ×Sony Cyber-Shot [SONY Cyber-Shot]

いちばんセクシーなサイバーショト。 sony Cyber-Shot L1

よっすぃはワイン色を密かに年末から狙ってますニャ・・・かっこイイニャ!

生活にちょっとした贅沢を。DSC-L1登場

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
SONY Cyber-Shot ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。