So-net無料ブログ作成
検索選択
SONY WALKMAN ブログトップ

iPodがウォークマンにシェアで敗れる、約4年8か月、242週ぶり [SONY WALKMAN]

 02sony01.gif

  携帯オーディオプレーヤーで長年トップを走っていたアップルのiPodが、販売台数シェアでソニーウォークマンに逆転された。09年8月最終週(8月24日-30日)の「BCNランキング」で携帯オーディオのメーカー別販売台数シェアを集計したところ、ソニーが43.0%で1位を獲得。アップルは42.1%にとどまり、0.9ポイントの僅差ながら2位に後退した。05年1月第2週以来、約4年8カ月に渡ってアップルが守ってきた携帯オーディオの週次シェア連続1位記録が241週で途切れた。

その他の画像はこちら

 アップルは、初代iPod nanoを発売した直後の05年11月、携帯オーディオ市場で6割弱のシェアを獲得。一方、ソニーはわずか1割弱で、大きな差がついていた。この当時と比較すれば、ソニーの存在感は非常に大きなものになった。カラーバリエーションを合算した09年8月最終週のランキングをみても、1位はiPod nanoの8GBモデルで、シェア21.7%とダントツ。しかし、2-3位、6-9位はソニーの製品が占めており、製品ランキングの上位でも両社が拮抗している。アップルは来週9月9日に開催するプレスイベントで新しいiPodを発表するとみられており、新製品が発売されれば首位を奪還する可能性は高いものの、「2強」でのシェア争いは激しいものになりそうだ。

 今回の逆転劇の背景には、08年7月にアップルがiPodの機能をもつ携帯電話「iPhone」を発売し、iPodユーザーが分散したという要因がある。一方、ソニーは、幅広いユーザー層のニーズを満たすようラインアップを増やす戦略をとった。シェア拡大の要因を同社では「アクセサリ感覚でパネルを付け替えられ低価格のEシリーズやスピーカーつきのSシリーズ、イヤホンタイプのWシリーズ、高機能タイプのXシリーズなどのラインアップがそれぞれのターゲット層に受け入れられたからでは?」(広報)と分析する。

 平均単価の下落もソニーをの販売台数を押し上げた。09年5月第3週(5月18日-24日)の時点では、同社の携帯オーディオの税抜き平均単価(以下同)は1万3800円で、販売台数シェアは36.1%だったが、8月以降平均単価が下がるにつれて、シェアが拡大。8月第2週(8月10日-16日)以降、平均単価が1万3000円を下回ったあたりから4割を突破した。平均単価はアップルより2割から3割安い水準だ。

 携帯オーディオ市場全体は09年3月以降、販売台数・金額とも前年割れが続いており、あまり元気がない。しかし、アップルとソニーの2強が僅差で争う中、新たに意欲的な製品が両社から発売されれば、再び市場が盛り上がることも期待できそうだ。(BCN・道越一郎)

*「BCNランキング」は、全国の主要家電量販店からPOSデータを毎日収集・集計している実売データベースです。これは日本の店頭市場の約4割をカバーする規模で、パソコン本体からデジタル家電まで125品目を対象としています。

*記事中の「市場推定価格」は、記事掲載時点のものです。市場推定価格は、「BCNランキング」のデータをもとに独自に算出した推定値で、消費税込みの金額で表記しています。

 


nice!(0)  コメント(0) 

Bluetooth搭載のウォークマン「NW-A820」 [SONY WALKMAN]

(+D LifeStyle - 02月20日 15:21)


 写真:ITmedia Copyright(c) ITmedia, Inc. All Rights Reserved.
 ソニーは2月20日、ウォークマンの新製品「NW-A820シリーズ」を3月20日より販売開始すると発表した。NW-A828」(8Gバイト)/「NW-A829」(8Gバイト)2モデルが用意され、価格はいずれもオープン。実売想定価格はNW-A828が2万8000円前後、NW-A829が3万8000円前後。

 ワンセグチューナーを内蔵した「NW-A910シリーズ」と同様のカードボディ。ワンセグチューナーは非搭載だが、Bluetoothを搭載しており、対応スピーカーヘッドセット、カーステレオなどへ音楽をストリーム送信できる。

 メインメニューにも「Bluetooth」の項目が設けられ、そこから機器への接続/切断、ペアリングなどが行えるほか、本体側面にはBluetoothボタンを供えており、ワンボタンで機器への接続/切断が可能となっている。対応プロファイルはAVRCP/A2DPで、送信できるのは音楽のストリームデータと再生/停止、音量調節などの基本操作信号、トラック名などのメタデータのみとなっている。

 そのほかの基本機能はNW-A910シリーズと同等で、2,4インチ(QVGA)の液晶にはMPEG-4(SP/最大ビットレート2.5Mbps)とAVC(H.264/AVC)Baseline Profileレベル(最大ビットレートは768kbps)の動画を再生できる。動画については、本体操作で動画ファイルの削除が可能となったほか、同時発売のアクセサリーであるビデオレコーディングクレードル「VRC-NW10」を利用すると、テレビやDVDレコーダーの映像を直接ウォークマンのメモリに録画可能だ。

 楽曲ファイルはMP3/WMA/ATRAC(ATRAC Advanced Lossless含む)/AAC(HE-AAC含む)/リニアPCMの再生に対応し、高音質化技術「ClearAudio Technology」も実装。圧縮音源に対する高域補完技術「DSEE」、イヤフォン内蔵のマイクで周囲の騒音を集めその音に相反する波形を生成して騒音を低減する「ノイズキャンセル」、ステレオのLRを分離する「クリアステレオ」、低音をブーストする「クリアベース」、13.5ミリの大口径ヘッドフォン「EXヘッドフォン」を備えている。

 本体サイズは50.2(幅)×93.6(高さ)×9.3(厚さ)、59グラム。NW-A910シリーズに比べると、スリム化と軽量化が進められており(NW-A910シリーズは厚さ12.3ミリ、74グラム)、胸ポケットなどへ入れてもより違和感を感じにくい厚みとなっている。内蔵バッテリーでの連続駆動時間は楽曲ファイル再生時が約36時間(Bluetooth使用時は約15時間)、動画ファイル再生時が約10時間。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

ソニー新機種ランクインでiPodのトップ5独占を阻止 [SONY WALKMAN]

 家電量販店の売れ筋データをインターネットで提供する「日経BP・GfK SalesWeek3200」によると、2007年10月第4週(10月22日~10月28日)の携帯音楽プレーヤーの製品別ランキングで、10月20日に販売を開始したソニーの「ウォークマンSシリーズ NW-S615F」が、5位にランクインした。そのため、前週4位のアップルiPod touch(16Gバイト)」はベスト5圏外にダウン。3週続いたiPodシリーズによるベスト5独占が崩れた。(日経マーケット・アクセス)

 NW-S615Fは、記録部に2Gバイトのフラッシュ・メモリーを採用する。「ウォークマンS NW-S610F」シリーズの最廉価モデルで、同シリーズには容量が4Gバイトの「NW-S616F」もある。同シリーズは、1.8型のカラー液晶モニターを搭載し、音楽、動画、静止画の再生機能を装備。音楽を聴きながら静止画のスライドショーも楽しめる。原音を忠実に再現する「クリアオーディオテクノロジー」により、ひずみのない重低音や、クリアなステレオサウンドなどを実現したという。なお、同シリーズにノイズキャンセリング機能を追加した「ウォークマンS NW-S710F」シリーズも10月20日に発売。2Gバイト、4Gバイト、8Gバイトの3モデルをそろえる。

携帯音楽プレーヤーの製品別ベスト5(10月22日~10月28日) 順位 前週順位 メーカー 製品名 シェア変動
1 1 アップル iPod nano(8GB) 0.7
2 2 アップル iPod nano(4GB) 0.3
3 3 アップル iPod classic(80GB) 0
4 5 アップル iPod shuffle(1GB) 0.4
5 8 ソニー ウォークマンSシリーズ NW-S615F 1.1
 

 ソニーが投入した5モデルの中で最も売り上げを伸ばした5位のNW-S615Fは、容量が2Gバイトと5モデル中最も少ない分、価格を1万4000円程度に抑えた。アップルのiPodシリーズには、同容量、同価格帯で直接の競合となる動画、静止画再生対応モデルがないため、NW-S615Fはすき間を突いて売り上げを伸ばしたようだ。

■MacOS X Leopardが首位獲得

 パソコン用システム/環境ソフトの製品別ランキングでは、10月26日に発売されたアップルの新パソコンOS「MacOS X V10.5 Leopard」が首位を獲得。さらに、同ソフトを5台のMacintoshにインストールできる「MacOS X V10.5 Leopard ファミリーパック」が2位にランクイン。発売週にしてベスト2を飾る好調な滑り出しをみせた。Leopardは、予約販売だけで、前週既に4位に入るほどの人気だった。このため、メーカー別販売台数シェア・ランキングでも、アップルがシェアを前週比55.1ポイントアップし、首位を獲得した。

 同社が10月30日に発表したリリースによると、MacOS X V10.5 Leopardの販売数は世界で既に200万本を突破。これまで最も多く出荷した同社のOS「Mac OS X Tiger」の、販売ペースを上回るスピード。アップルストア銀座店では、10月26日の午後6時からMacOS X V10.5 Leopardの販売を開始。購入者には数量限定で記念Tシャツが配られることを事前に告知していたこともあり、発売直前には270人以上が新OSを求めて行列を作った。

■W53Tが新色追加で2位にランクイン

 携帯電話の製品別ランキングでは、KDDI(au)の「W53T」(製造は東芝が担当)が、前週から九つランクを上げ2位に躍進した。同モデルは、カラー・バリエーションとして「ブラックダイヤモンド」「ブルートパーズ」「ピンクサファイア」の3つをそろえていたが、10月25日に新色「ホワイトムーンストーン」と「ネイビーラピスラズリ」の2色を発売。今回のランクアップに大きく貢献した。なお、機能は従来のW53Tから変更はない。

 W53Tは、18mmの薄型ボディーに携帯機器向け地上デジタル放送「ワンセグ」の視聴・録画機能を搭載。東芝のAVノートパソコン「Qosmio」や、薄型テレビの「REGZA」での映像技術を応用した2.8型ワイドの液晶モニターを備える。また、auの総合音楽サービスである「LISMO」による多彩なサービスのほか、LISMOの「ビデオクリップ」にも対応。EZwebでダウンロードしたミュージック・ビデオも再生できる。

(日経マーケット・アクセス/河西 隆之)



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

ソニー、100時間録画できるワンセグ対応ウォークマン発売 [SONY WALKMAN]

 ソニーは27日、ワンセグTVを搭載した携帯音楽プレーヤーウォークマン Aシリーズ」3機種を11月17日に発売すると発表した。16GBのフラッシュメモリーを内蔵した最上位機種「NW-A919」ではワンセグ番組を最大100時間録画できる。実勢価格は3万~4万5000円前後の見通し。

 重さ約74グラム、幅47.2×高さ86.0×薄さ12.3ミリメートルのカードサイズで、ワンセグTVを搭載した機器としては業界最小・最軽量だという。液晶画面は2.4型で、1回の充電でワンセグを約6時間、ビデオコンテンツは約10時間視聴できる。

CDのジャケットから楽曲検索できる「ジャケットサーチ」機能に対応

 外部の騒音を低減するノイズキャンセリング機能を本体に内蔵。CDやMDプレーヤーをつなげて直接録音できる「ダイレクトエンコーディング機能」にも対応した。目的の楽曲はCDのジャケットや読み仮名から探せるなど、直感的に操作できるようにした。

 

型番 フラッシュメモリー容量 価格
NW-A919 16GB 4万5000円前後
NW-A918 8GB 3万5001円前後
NW-A916 4GB 3万円前後




[2007年9月27日/IT PLUS]


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:ニュース

ソニースタイル、ウォークマン E010シリーズの「アビステ」コラボモデルを発売 [SONY WALKMAN]


▲ 左からブルー、ゴールドピンクバイオレットブラック。4GBモデルは、ブラック、バイオレット、ピンクの3色のみとなる
【拡大表示は画像をクリック】
 ソニースタイルジャパンは2007年7月17日、USB端子を本体に装備したスティック携帯音楽プレーヤー「ウォークマン E010シリーズ」のソニースタイル限定モデルとして、「“ウォークマン E010シリーズ”アビステ・コラボレーションモデル」の受注を開始した。なお、同モデルの受注は期間限定で7月17日~9月18日の17時までを予定している。

 同モデルは、アクセサリーや雑貨の販売で幅広い層の女性から支持を集める「アビステ」とのコラボモデル。USB端子のキャップ部に、スワロフスキーのクリスタルコンポーネントをあしらっているのが特徴だ。キャップ同様、クリスタルを施したクリップ付きコイル・ストラップも製品に付属する。

 主な機能はE010シリーズと共通で、MP3/ATRAC/WMA/AAC/リニアPCMの再生に対応し、本体には3行表示のカラー液晶を搭載する。電源には内蔵型リチウムイオン充電池を採用。USB充電に対応し、1時間のフル充電時で最大約30時間の再生が可能となっている。また、USBメモリーとしても使用できる。

 ラインアップとして1GB、2GB、4GBのモデルを用意。1GB、2GBモデルの本体カラーはブルー、ゴールド、ピンク、バイオレット、ブラックの5色。4GBモデルの本体カラーはブラック、バイオレット、ピンクの3色のみとなる。直販価格は1GBモデルが1万5800円、2GBモデルが1万8800円、4GBモデルが2万4800円(いずれも税込み、送料別)となる。

(安達 孝之)関連情報
ソニースタイル・ジャパンのWebサイト http://www.jp.sonystyle.com/
ニュースリリース http://www.jp.sonystyle.com/Company/Press/070717.html
製品情報 http://www.jp.sonystyle.com/Walkman/Special/E010/Abiste/


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

ソニースタイル・ジャパン、「アビステ」ブランドとコラボした「ウォークマン」を限定発売 [SONY WALKMAN]

<新商品>
ABISTE × Sony Style
よりファッショナブルに“ウォークマン”を使いこなす
ソニースタイル限定“ウォークマン E010シリーズ”アビステ・コラボレーションモデル

 ソニースタイル・ジャパン株式会社(本社:東京都港区 代表取締役社長:杉山博高)は、きらめくアクセサリー雑貨の販売で、ティーンエイジャーから成熟した女性まで幅広い支持を集める「アビステ」とのコラボレーションにより、ファッション性をよりいっそう高めた“ウォークマン”を本日より期間限定販売します。

 商品名:“ウォークマン E010シリーズ” アビステ・コラボレーションモデル
 受注期間(予定)※:7月17日~9月18日
 カラー:ブルー(L)、ゴールド(N)、ピンク(P)、バイオレット(V)、ブラック(B)※
 販売予定価格※:15,800円(1GB)、18,800円(2GB)、24,800円(4GB)
 (税込・送料別)

※カラーは、本体搭載メモリ容量によって、選択できるものが異なります。4GBはブラック、バイオレット、ピンクのみです。
※受注期間、販売価格は予定であり、実際とは異なる場合があります。
※完全受注生産のため、お届けまでに時間を要します。

 本商品は、USB端子を使用してパソコンやネットジュークと直接で接続できる簡単・便利な“ウォークマン E010シリーズ”のキャップ部に、スワロフスキーのクリスタルコンポーネントをあしらったもので、高級なクリスタルが放つ光がウォークマンをあでやかに演出します。

 本商品には、“ウォークマン”本体用のキャップ同様、クリスタルが施されたクリップ付コイル・ストラップも同梱されています。“ウォークマン”本体とコイル・ストラップを組み合わせ、光り輝くクリップを洋服のポケットやバッグの内ポケットなどにはさめば、“ウォークマン”をファッショナブルに使いこなすことができ、かつ、 “ウォークマン”の落下や、紛失を防止することが可能です
 “ウォークマン”を持ち歩くこと、音楽を聴くことが楽しくなる。
 「デジタルミュージックプレーヤー」をはじめてお使いいただく女性の方をはじめ、ファッションにこだわりのある方にふさわしい商品です。

【 “ウォークマン E010シリーズ”アビステ・コラボレーションモデル パッケージ内容 】
1.“ウォークマン E010シリーズ”本体一式 (3年間保証サービス<ベーシック>付属)
2.アビステ仕様/ “ウォークマン E010シリーズ”用 キャップおよびクリップ付きコイル・ストラップ(アビステの箱入り)

【 “ウォークマン E010シリーズ”アビステ・コラボレーションモデルの販売方法 】
 7月17日から、ソニースタイルおよび提携ショップにて受注を開始いたします。9月18日 17:00時までにご注文いただいた分につき、生産し、お届けいたします。お届けは8月下旬から随時開始(予定)します。(※完全受注生産のため、お届けまでに時間を要します)

【 本商品に関する主な購入方法 】

◆ソニースタイルサイトでの購入

 ソニースタイル サイトURL:http://www.jp.sonystyle.com
 ◆電話での購入受付窓口(受付時間:月~土 10:00~20:00 日・祝日 10:00~17:00)
  一般電話:0570-00-1800 携帯電話:0466-31-5090

 ◆直営店「ソニースタイル ストア 大阪」
 住所:大阪市北区梅田2-2-22ハービスENT4F/TEL:06-6344-5410(営業時間:11:00~20:00 不定休)

<本件に関するお客様からのお問い合わせ先>

 ソニースタイルカスタマーセンター
 TEL:0466-38-1414(月~金:10:00~18:00、土日祝:10:00~17:00 ※年末年始除く)
 E-Mail:info@jp.sonystyle.com

● 関連リンク
ソニースタイル・ジャパン(株) ホームページ

製品詳細

● 関連資料
商品画像1
商品画像2


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:パソコン・インターネット

ソニー、雪の結晶が浮き出る冬モデルのウォークマン [SONY WALKMAN]

ソニー、雪の結晶が浮き出る冬モデルのウォークマン

 ソニースタイルジャパン東京・港)は、ソニー製品の直販サイト「ソニースタイル」限定で冬モデルのウォークマンを発売する。ウォークマン「Aシリーズ」の「NW-A608/SI」2台をセットにした。価格は5万2500円の予定。30日から先行予約販売を開始し、12月上旬から配送する。

 ウォークマン本体の色は、新色の「スノーシルバー」で、限定ケースが付属。ウォークマンのロゴにホログラムを使用し、ディスプレースクリーンに「雪の結晶」の表示を追加した。ウォークマン本体の背面右下に最大半角英数文字15文字までメッセージを入れることもできる。

[2005年11月2日/IT PLUS]

● 関連リンク


ソニー、ユーザーの好みにあわせる新型「ウォークマン」 [SONY WALKMAN]

 ソニーは8日、デジタル音楽プレーヤーの新製品「ウォークマンAシリーズ」5機種を11月19日に発売すると発表した。再生中の音楽に近いジャンルアーティストの曲を自動検索できるなど、ユーザーの好みにあわせた使いこなしが可能な機能を充実させた。

 大型の有機ELディスプレーを搭載した。ハードディスク内蔵型が2機種、フラッシュメモリー内蔵型が3機種。価格はオープンだが、店頭実勢価格は20GBのハードディスクを搭載した「NW-A3000」が3万5000円前後。

 ユーザーがよく聞いている楽曲だけを集めて曲順をシャッフルしたり、特定の年に発売された曲だけをランダムに聞いたりといった使い方ができる。日本語の機能も強化した。日本語自動読みがな変換ができ、日本語の曲名やアーティスト名を50音順で表示できる。

 今回新たにパソコン用の音楽管理ソフト「コネクト プレーヤー」を「ウォークマンAシリーズ」専用に開発。ウォークマンと連動した曲のプレイリストなどが作れる。

 会見に登場した辻野晃一郎コネクトカンパニー コ・プレジデントは「元祖ウォークマン復活の気持ちだ。音楽の新しい歴史を作っていきたい」と意気込みを語った。また、「自社技術、自社サービスにこだわらない」とコメント。今年度の販売台数目標は450万台。

 

 
型 名 容量 市場推定価格 重さ
NW-A3000 20GB HDD内蔵 3万5000円前後 182g
NW-A1000 6GB HDD内蔵 3万円前後 109g
NW-A608 2GB フラッシュメモリー内蔵 3万2000円前後 48g
NW-A607 1GB フラッシュメモリー内蔵 2万7000円前後 48g
NW-A605 512MB フラッシュメモリー内蔵 2万2000円前後 48g

[2005年9月8日/IT PLUS]


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

ソニー、ハード・管理ソフト・音楽配信の3本柱そろう――新型ウォークマン [SONY WALKMAN]

アップルコンピュータソニーは、携帯デジタル音楽プレーヤーの新製品を同じ日に発表した。両社の製品の特徴はそれぞれ異なるものの、発表には共通している部分が一点ある。音楽再生・管理ソフトを一新したことだ。

 アップルは「iチューンズ」を約2年半ぶりに更新。米国で今秋から発売する「ケータイ版iPod」のモトローラ・ROKRに対応、iPodと同じようにパソコンに接続すれば携帯電話の端末に音楽を移せる仕組みにした。また、同ソフトは有料音楽配信サービス「iチューンズ・ミュージック・ストア(iTMS)」の入り口も兼ねているが、ユーザーが欲しい音楽を検索しやすくするなど、インターフェイスを変えている。

 ソニーも従来のネットワークウォークマンに同梱していた「ソニックステージ」を「コネクト・プレーヤー」に一新。プレーヤーの中からブラウザーなどを介さずに、ソニー系のレーベルゲート(東京・港)が運営する有料音楽配信サービス・「モーラ」から楽曲を買えるようにした。

 iPodが発売される2年前の1999年に子会社のソニー・ミュージックエンタテインメントが世界でいち早く有料音楽配信サービス「ビットミュージック」を開始、音楽プレーヤーも同年「メモリースティック ウォークマン」を発売するなど、ソニーはデジタル音楽ビジネスの参入が遅かったわけではない。しかし、これらハードとサービスをつなげるための使いやすい商品が出なかったため、後進のアップルにあっという間に追い越されてしまった。

コネクト・プレーヤーの登場で、アップルのようにハード、管理ソフト、そして音楽配信サービスの3本柱をすべてそろえた対抗馬が初めて出現した。ただ、これは圧倒的優位な地位にいるアップルへの挑戦権を獲得したに過ぎない。

 7日(日本時間8日)の記者会見でアップルのスティーブ・ジョブス最高経営責任者(CEO)はアップルは有料音楽配信で北米で80%のシェアを占めていると語った。また、iTMSは2003年4月の開始から累計で1000万のアカウントを獲得し、オンラインストアとしては世界最大のアマゾン・ドット・コムに次ぐ2位の位置につけているという。またハードでは、BCN総研(東京・文京)の調査によると、日本でソニーの15%を大きく引き離す40%のシェアを獲得している。

 成長途上とはいえデジタル音楽を語る上で最も重要なプレーヤーとなったアップルに対しどう挑むのか。ソニーにとって当面の課題は価格だ。一概に比較することはできないものの、フラッシュプレーヤーで記憶容量が2ギガバイトの製品では、「iPod ナノ」が2万1800円であるのに対し、「ネットワーク ウォークマン NW-A608」の店頭予想価格は3万2000円。再生時間は「iPod ナノ」の14時間に対し「NW-A608」は50時間と圧倒的に長いが、「NW-A608」はカラー液晶画面など、ユーザーにとって魅力のある機能を欠いている。価格政策を大幅に見直すことが第一歩になりそうだ。

[2005年9月8日/IT PLUS]


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:音楽

新ウォークマンで“もっともっとオンガクとあそぼう”[576PV突破] [SONY WALKMAN]

ソニーマーケティングは4月7日、デジタルオーディオプレーヤーネットワークウォークマン」の新製品説明会を銀座ソニービルで実施。今春展開するさまざまなキャンペーンについての紹介も行われた。

 お披露目されたのは、昨日発表したばかりのHDD搭載型プレーヤー「NW-HD5」と、3月8日に発表したフラッシュメモリ型プレーヤー「NW-E507/E505」「NW-E407/E405」「NW-E107/E105/E103」



HDD搭載型プレーヤー“ウォークマンスクエア”「NW-HD5」


フラッシュメモリ型プレーヤー“ウォークマンスティック”(写真は「NW-E507」)

 今春実施されるキャンペーンの名称は「もっともっとオンガクとあそぼう」

 ネットワークウォークマン新製品と音楽ダウンロードサイト「Mora」とのさまざまな連携企画を展開することで、同社ポータブルオーディオプレーヤー製品群の認知度向上と、ユーザーへ音楽ダウンロードの活用を提案するためのキャンペーンだ。

 第一弾として、銀座ソニービルの1~2階に、新しいウォークマンとMoraの体験スペース「Walkman Records」が期間限定でオープンした。ソニースタイル限定モデルの先行予約・先行販売のほか、実際にMoraを使った楽曲購入もこのWalkman Recordsで行えるようになっている。開設期間は4月7日から5月15日まで。


銀座ソニービル1階にあるWalkman Records


白いTシャツがズラっと並び、そのネック部分に新しいウォークマンが首にかけるように展示されている


2階はMoraで楽曲を購入できるサービスカウンターを設置。アテンダントのお姉さんがMoraの楽しみ方を懇切丁寧にレクチャーしてくれるという

 Moraとの連携では、Moraで楽曲を2000円以上購入したユーザーの中から抽選で、人気アーチストがデザインしたNW-HD5のオリジナルモデルがプレゼントされるキャンペーンが行われる。

 NW-HD5のスクエアなボディをキャンバスに見立ててデザインしたアーチストは「ASIAN KUNG-FU GENERATION」と「YUKI」。それぞれ50台ずつ、計100台がプレゼント用に用意される。応募期間は4月21日から6月30日までで、詳細はMoraサイトで近日公開する予定だという。


銀座ソニービルには、プレゼントされるYUKI(左)とASIAN KUNG-FU GENERATION(右)デザインオリジナルモデルが展示されている

 また、ソニースタイル限定のカラーバリエーションモデル「NW-507(プレミアムゴールド)」購入者にもれなく、ASIAN KUNG-FU GENERATIONお薦め曲とYUKIのベストトラックの中から好きな6曲をダウンロードできる「Moraネットミュージッククーポン」がプレゼントされる。


 

ソニースタイル限定のカラーバリエーションモデル「NW-507(プレミアムゴールド)」

 キャンペーン中は、ウォークマンスクエア/スティックをアイコンで表現して「もっともっとオンガクとあそぼう」をグラフィカルにアピール。

 そのほか、銀座ソニービルの外観からビル内部までウォークマン一色にする「銀座ソニービルジャック」、渋谷ハチ公前交差点をウォークマンの屋外広告が占拠する「渋谷ジャック」などが行われる。

QRコードを活用したウォークマンの携帯サイト「W.walkmanモバイル」も4月7日からオープンした。


銀座ソニービルをウォークマン一色にする「銀座ソニービルジャック」


SONY WALKMAN ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。